2018
01.03

ソレイユの森 12 送受信

Category: 小説


 夜の深い森の中は、思っていたよりも肌寒い。

 風が低い声で唸り、長い髪を逆撫でながら通り過ぎる。

 流れの速い雲が丸い月を隠し、また現すのを、カナは、岩に座って仰ぎ見ていた。

 保温機能を備えたコートは、寝袋代わりにもなる。

 でも、澄みきった森の冷たい空気で、深呼吸を繰り返すうち、眠気はどこかに行ってしまった。

 それよりも、今はこの美しい景色を、彼の元に送っておこう。

 カナはゆったりとした長い瞬きの合図で、録画開始の機能を発動させた。

 人間が頭の中に小さなコンピューターを移植するようになって、数十年。

 便利なことも、不便なことも、等しくある。

 こういう人間は電磁波の影響を受けやすい。

 ちょっと前に、ここからあまり遠く離れていない場所に落とされた爆弾で、その地域の人たちは、生存機能を停止させられた。

 人口増加を阻止するために、世界共通コンピューターが、無差別に弾き出した地域だった。

 この山一帯は、自然環境保護区に認定されていたため、大事にしてきたはずなのに……。

 もう何回目だろうか。あれは突然降ってくる。

 ソレイユ探索を始めて移動中だったカナも、もう少し近ければ巻き込まれてしまうところだった。

 それが世界の意思なのだから、誰も異を唱えようとはしない。

 ただ……このまま医療技術が進むたびに、人の寿命は永く延び、そのために、落ちる頻度も多くなるんじゃないかしら……。

 カナはまた長い瞬きをして、録画停止の指令を出した。

 頭の中で記録を保存し、送り先への転送を開始する。

 転送は数秒後には完了した。

 今の不安な感情が、映像に反映されてなければいいけど。あの人は、カンが鋭いから……。

 カナは、視界の端に立つ、ソレイユを見た。

 薄明りの中で、ほのかに分かる、輪郭と影。

 ……あのロボット、ああしてずっと立っているのね。眠ることもなく、毎日……。

 ソレイユが、何の感情も持ち合わせてないはずなのに、どことなく寂しそうに見える。

 あの体内には、今では誰も見向きもしなくなった、旧式の部品が詰まっているだけだ。

 それでも。

 カナはじっとソレイユを見つめる。

 あの人を助けるためには、絶対に必要なロボットなんだ。

 あの人は、人類が管理しやすいよう、番号で呼ばれ始めた時代より、ずっと前から、この世にいる人。

 ただの、数字の並びでしかなかった名前の私に、「カナユワテ」と、名付けてくれた大切な人。

 私に、夢を見てくれた人。

 しばらくして、カナの頭の中に、着信のメッセージが届いた。

 カナはメッセージを開く。頭の中に、受信した相手からの文字が流れる。

「心配しないで、カナ。俺も今、同じ月を見ているよ」



● NEXT → ソレイユの森 13 0






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事
トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/89-d1d727ef
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top