2018
01.01

ソレイユの森 10 蜘蛛の巣

Category: 小説


 待機状態の中、ソレイユの中の基板の上には、わずかな電気が流れていた。

 繰り返される時間の中で、大きく違っているのは、外の天気のことだった。

 雨が降るのは、雲が出るから。

 そんな小さな情報を、基板の電子回路がメモリに運ぶ。

 雲が出ると、気温が下がる。雲が出ると、充電供給率が減る。雲が出ると……。

 窓の向こうに見えていた草木が、ゆっくりだが着実に成長していった。

 つぼみが膨らみ、花が開く。花が枯れ、実が生って落ちる。また花となる。

 桃色の花吹雪、ヒグラシの澄んだ声、紅葉の葉擦れ、窓にとまって滲む風花。

 終わりの見えない、ループの波……。

 ソレイユの中にある時刻計器が、一秒一秒、カウントをし続ける。

 一年経ち、十年過ぎた。大きな嵐が来たのは、その夏のことだった。

 暴風雨が木々を揺らし、容赦なく窓を打ち付ける。

 黒雲が天にかぶさり、稲光が弾け、落雷がとどろく。

 家が揺さぶられるほどの猛威だった。部屋のどこかの窓が、派手に割れる音がした。

 ソレイユは、電池が切れるまで停止するよう、命じられているのを覚えていた。

 守るものの側から、決して離れてはいけない。

 何日間も雨は降り続き、その間ずっと、分厚い雲は、光を一筋も通さなかった。

 ソレイユの基板を流れていた、微力だった電力も、その日、ついに底を突きた。

 そして、カウントされていた数字も止まった。

 次の瞬間、……それは時間でいうと、一秒後ほどの、ほんの短い間隔だったが、ソレイユは目の中に、新たな日差しを受け入れて、無事、再起動した。

 続いて、流れていた電波を受信して、自動で合わされた時刻計により、電源が落ちてから、一秒などでなく、すでに三週間も経っている、ということが判明した。

 外はすっかり晴れていた。強い紫外線が、ホコリをかぶったソレイユの顔を照らしている。

 ホコリは熱からソレイユを守り、同時に日焼けも抑えてくれた。

 ソレイユは永らく、椅子に座った姿勢の状態のままだった。

 が、先ほど電池が切れたことにより、受けていた停止命令が解除された。

 ソレイユは両方のまぶたを動かして、瞳にかかっていた薄いホコリを取り除いた。

 椅子から立ち上がって、首を回しながら周囲を確認する。

 薄汚れているが場所は同じ、暖炉のある部屋の中。

 暖炉の中や、天井、壁には、何重にも大きな蜘蛛の巣が張っていた。

 ソレイユは人の侵入がないか確かめるため、家中を歩き出した。

 廊下を進み、温室に出ると、立ち止まって上を見た。

 草花の成長に耐え切れず、ばらばらに壊れたプランター。

 そこから高く伸び過ぎた枝が、天井のガラスを打ち破っていた。

 中心から四方に広がった、蜘蛛の巣のような形状のヒビ割れが、太陽の光を乱反射させ、輝きを床にばらまいている。

 再び歩きつつ眺めると、角度が変わり、刻まれたみぞに沿って光が滑る。

 ソレイユはパトロールを続けた。

 玄関ドアが傾いている。外から伸びた大量のツタが、中になだれ込んで来ていた。

 ソレイユはそれを乗り越えて外に出た。

 玄関前に敷いていたレンガ道が、途中、下から突き出た雑草の力で割られ、不規則な幅の階段のように、ガタガタに崩されていた。

 ソレイユはしばらく考えたあと、それ以上、先へ進むことはやめた。

 その場で足を止めて顔を上げ、表の世界を視野に入れた。

 畑のあった場所は、もう分からない。どこも同じように、緑の草むらに飲み込まれている。

 はびこる草のその高さは、背の高いソレイユでさえも、隠されるほど。

 一面が、緑の海。風が吹いて、サラサラとなびく。なだらかな地平線まで続く、草原――。

 初めて見る景色だった。

 それは、これからも変わってゆく、と、ソレイユには予測できる。

 ソレイユは状況を把握し終えると、また元の部屋へと、帰って行った。

 蜘蛛の巣に捕らえられたまま、食べることも忘れられた獲物のように、今後もずっと、変わることなく、この場所から離れない。

 ソレイユはメモリに情報をアップデートしながら、自分自身でそう理解した。



● NEXT → ソレイユの森 11 カナユワテ






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事
トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/87-061ef18c
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top