2017
12.26

ソレイユの森 4 マネキン

Category: 小説


 丸本は毎日同じ時間にやってきた。

 周一の日常に食い込んでくる、丸本という男の存在。

 何度「必要ない」と帰しても、次の日にはまた現れる。

 その男の素性が、知りたくもないのに周一には分かってきた。

 都会で生まれ育った。機械工学にたずさわってきた。物作りが好き。ビールをよく飲む。

 手土産にビールの缶を何本か持ってくることもあった。

 ふもとの町まで、買い出しに行かなければ手にできないので、唯一、周一にとってそれは喜ばしかった。が、それも相手の策略だと分かっていた。

 庭先で、丸本が営業中にもかかわらず、自分の分のビールを開ける。

 小さな家庭菜園を始めた、周一の畑を側で眺めながら飲み、少し笑ったような細い目をして、親しげに語りだす。

 周一は日課の水やりをこなしながら、丸本の話をほぼ聞き流していた。

「小さい頃、ロボットが好きだった。あの完璧な感じが、無性にそそるんだ。でも電池が切れて、すぐに動かなくなる。それが悔しくて、学生の時、ある発明をした。ソーラー電池にしてさ、充電式のバッテリーで動く。まだ歩いたり踊ったり、単語を言わせたりしかできなかったけど……、今の会社には、俺の未来が見える。きっとこのプロジェクトは上手くゆくよ。今、試作品を造ってるから、できたらここにも連れてくるね」

 とか、そんなようなことを、まるで夢見る子供のように言っていた。

 ただのセールスマンでは終わらないぞ、という熱意が丸本には見えた。

 孤独なおじさんの話し相手をすることで、彼なりの「投資」をしているのだろうか。

 しかし周一はまだ心を開いていなかった。

 気持ちの準備が何もできていない状態なのに、それなのに、丸本はその試作品とやらを、本当に連れてやってきた。

 畑の野菜が、ちょうど芽を出し始めた日のことだった。

 周一は自分だけが、時を止められているかのように、苦味にも似た寂しさを覚えた。

「自己紹介」

 命令する口調で、連れてきた隣の男に、丸本が言った。

 男は丸本と同じ背丈だった。周一よりも少しだけ背が高い。

 いや、それよりも。この男がロボットだというのか、丸本は。

 周一は丸本の真顔に、疑いの眼差しを向けた。

 人をからかって楽しいか? そう聞こうとしたとき、男が喋った。

「初めまして。僕の名前は、ソレイユです」

 不自然な機械音でもなく、なめらかでよく通った男の声だった。

 ソレイユと名乗る男は、とても端整な顔立ちをしていた。

 鼻が高くて、眼が青い。なんだかマネキンのようだな……周一は思った。

「握手をしてあげてよ、周一さん」

 丸本が真面目に言った。するとソレイユの右手が、周一の前に差し出された。

 やはり、マネキンに似ている。周一が掴んだ右手の感触は、冷たくて硬かった。

 マネキンの中に金属の骨組みが通っている……周一は握手したその一瞬で、理解した。

「初めまして……」

 不意に、周一の口から言葉が出ていた。

 それを聞いて、丸本の目が嬉しそうに細まる。

 周一はソレイユから慌てて手を引き離した。丸本が言った。

「人工知能のロボットです。いかがでしょう、なんでもお手伝いいたしますよ」



● NEXT → ソレイユの森 5 日光浴






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事
トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/81-af2c394c
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- dot 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- dot 編集
管理者にだけ表示を許可する
 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top