2017
11.05

医者のしたこと

Category: 小説


宇宙飛行士たちはスペースシャトルに、この世で最も優秀な医師を共に連れてゆくことにした。

どんな病気も治せるという、知識の深い医者だ。

そこで、候補の中から選び抜かれた1人の医師がいた。

若いし体も丈夫な男だった。



この男はまず、宇宙の重力に耐えぬく訓練をうけた。

そしてそれ以外にも、通信の手段やさまざまなシャトル内の対応方法を学んだ。

宇宙飛行士たちは、彼となら、と安心して宇宙へ飛び立つことができた。



そして、しばらくの航海のあと、地球からかなり離れた位置で、その宇宙飛行士たちは全員、命を絶つことになった。



医者の男が原因不明の病にかかり、伝染してシャトル内に蔓延したのである。

医者は飛行士たちを道連れにし、彼らは永遠の旅へ飛び立ったのだった。



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


コメント:6  Trackback:0
トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/8-b1bc6b23
トラックバック
コメント
は?医者なめんな。
ahiru10beemk2 dot 2017.11.28 02:08
医者がしたことというタイトルから途中、医者が全員殺してしまったのかと思ったが、オチであ~そうなったのかとなって面白かったです
竹の有機 dot 2017.12.13 20:18
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- dot 2017.12.13 22:25
状況は不明。
知識以上のものになれば対処できませんよね。
仕方のない事です。
wpeckers dot 2017.12.17 21:59
このコメントは管理者の承認待ちです
- dot 2017.12.23 02:55
むしろ、どういう状況かを想像させるものですね。

原因不明の重篤な伝染病なら、高熱、倦怠感、臓器不全で処置が間に合わずに死亡というのは十分にあり得る話。

安易な信頼だけで宇宙旅行をするのは危険だという事かなと。

金庫にカギを閉じ込めたような構図とも言えますね。
Sheephuman dot 2017.12.30 21:00
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top