2017
12.21

月のライン 8-4

Category: 小説


オープンカフェで紅茶を飲みながら、町の通りを見ていると、
じつに様々な人が行き交っていることに、気がついた。

杖をついたお爺さんや、にぎやかにたわむれる子供たち。

木材を運ぶ大工。

釣竿を下げた漁師。

肌の色の違う人々。

写真を撮っていく人。

スケッチをする人。

知り合いと出会い、急に立ち話をしはじめる人……。

同じような毎日でも、1日として同じ日はない。

見ていて飽きないな、とメルは思った。

町の魅力は、家々の建築美だけじゃない。

そこに住まう人々や、訪れる人のひとりひとりも、この町の一部として魅力があるんだ。

カップをテーブルに置きながら、ふとメルは腕時計を見た。

「わっ、いけない」

まだ配達が残ってたんだ。

「ごちそうさま!」

オープンテラスから、開いたパン屋の入口に向かって声をかけると、
中で接客していたミリが振り向き、メルに大きく手を振った。

弾むような足取りで駆け出すメルも、多くの人たちと同じ。

この町の景観の一部になっていた。



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/77-21068a5c
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- dot 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top