2017
11.03

ダイヤモンドマン

Category: 小説


大富豪の自己満足で全身ダイヤでできた人形がつくられました。

身長1メートルほどです。

ダイヤモンドマンと呼ばれ、大富豪は常に持ち歩きました。

ダイヤモンドマンは精妙に作られていて、心を持ち合わせていましたので、自分を大切にしてくれる大富豪のことを大好きになりました。



ある時、ダイヤモンドマンが自分があまりにも輝いていて眩しいので、大富豪の側でご主人の顔を見つめておりますと、大富豪はそれに気づいたのか、おつきの者にあるものを持ってこさせました。

そしてそれをダイヤモンドマンにくれたのです。

サングラスでした。



大富豪はクルージングに出かけました。

小さな船でした。

しかし沖へ出た時、事件がおきます。

船がサメに囲まれてしまったのです。

焦った大富豪とおつきの者たちは、救助のヘリを要請しました。

ヘリはすぐに飛んできました。

世の中はどれだけお金をもらえるかで、急いだりできるのです。

そして大富豪たちは空から伸びるロープにしがみつきました。

ヘリは大きかったのですが、おつきの者が多いので、最後の1人が乗れません。

それはダイヤモンドマンでした。

大富豪は、サメに襲われるダイヤモンドマンをヘリから眺めました。

ダイヤモンドマンも、壊れていく船と沈みながら見つめかえしました。

そして、自分が捨てられたことを知ったのです。



ダイヤモンドマンは海の底に沈みました。

サメに喰われてもダイヤが硬いので傷ひとつつきません。

そして海底で光り続けました。


魚たちが興味を持って寄ってくるのがはっきりと見えます。

サングラスをなくしたせいです。


悲しいダイヤモンドマンの胸は不安でいっぱいでした。

ここでは何の音も届きません。



かれこれ3年経ちました。

ダイヤモンドマンは体中に藻をつけて、光ることも止めました。

そして全ての希望をなくしかけたその時、ひとりのダイバーが通りかかったのでした。


ダイバーは1メートルの藻を発見し、新種の魚かと思って引き上げることに決めました。

大きいので、海面にボートをとめて、網を下ろして引き上げました。

引き上げる時に藻が少しはがれました。

そこで陽の光を受け、ダイヤモンドマンの希望も輝いたのです。


ダイバーは慌てました。

「おい、ニュースになったら持ち主に横取りされちまう。謝礼金なんてしょぼい。このまま売りさばくぜ」

と、ダイバーは仲間に言って、夜の街へ繰り出しました。


ダイヤモンドマンにはコートを着せて、足の裏にコマをつけて引きました。

居酒屋の一角で、ダイバーは闇の宝石商と取引をし、多額の金を受け取りました。



宝石商は自分の店に持ち運び、誰もいないところでコートを取り、調べました。

全身ダイヤのダイヤモンドマンです。

こんなものは今まで見たこともありません。

さっそく、宝石商は自分の知っているありとあらゆる金持ちに電話をし、競売にかけはじめました。



最高額の高値で買い落としたのは、青年実業家でした。

親の資産で会社を成立し、色んな事業に手を出しています。

その年収ははかりきれません。

コネなんかも、わんさかあるのです。

実業家は天下に昇りつめたお祝いに、ダイヤモンドマンを側に置くことで、権力の象徴を見せつけました。



しかしダイヤモンドマンの心は満たされません。

眩しくても、サングラスもかけてもらえないのです。

希望のように見えていた光が、今や眩しいだけとなった幻のようでした。



そしていく日か過ぎた頃、突然、実業家はダイヤモンドマンを棒で殴りつけました。

新しく手を出した事業が失敗したのです。

頂点を見た者は、後は下ることしか知りません。

腹いせに殴られたあげく、ダイヤモンドマンはまたコートをかけられ、青年と2人きりあてもなく街へ出ました。



ダイヤモンドマンの体は傷つきません。

心は深い傷だらけです。



青年は昔持っていたコネで助かろうとしましたが、お金のない者には冷たいという現実を知りました。

しばらく、路地裏で眠る日々が続いたある日、ついに、青年は見栄も権力も必要ないと察したのか、ダイヤモンドマンを売りに行くことに決めました。



今度はどこへ売りとばされるのか、とダイヤモンドマンは思いました。

自分の人生は、ただ人に買われ、人の事情で売りさばかれ、手から手へ、渡りすぎてゆくだけなのです。


そしてある邸宅に着きました。

何だか知っているような気がします。



出てきた執事に、青年は事情を話します。

「旦那様に昔、よくしてもらいました。しかし今の僕は昔と違います。必要最低限の費用でいいのでこれを買ってください。僕はそこからやり直します」

執事は中へ通しました。

そして話がまとまったのか、青年は一人出て行きました。



残されたダイヤモンドマンの前に、見覚えのある顔が近づきました。

「よく帰った。どうやらこれも運命のようだ。あの日のことはすまなかったね、本当に、すまなかった」

コートを取ってくれたその人は、最初の持ち主の大富豪だったのです。

ダイヤモンドマンは驚きと喜びでいっぱいでした。

そんなダイヤモンドマンに、大富豪はそっと取り出したサングラスをかけてくれたのです。



夜のことでした。

ひっそりと寝静まった大富豪の枕元に、黒い人影がありました。

人影は長いロープで大富豪の体をベッドに縛りつけました。

驚いて目覚めた大富豪の視線の先に、コートを着せられたダイヤモンドマンの姿がうつりました。

そして人影はそれを抱えて部屋を出たのです。

「大丈夫ですか!?」

慌てて駆けつけた警備の者が大富豪に言いました。

「犯人の顔を見たのですか?」

「ああ、あれはたしかに……」

大富豪は言いました。

「ダイヤモンドマンを売りに来た男だ」



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/6-58f0f31a
トラックバック
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
- dot 2018.01.02 22:06
そうか ダイアモンドマンは 高価というだけで 人の手から手へ渡り歩く運命なのですね まばゆい光の薄幸ですかぁ 好い人見つけてほしいです 
はざま いちまる dot 2018.01.05 21:43
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top