2017
12.13

回る円盤

Category: 小説


 その時、少年はまだ言葉も知らぬ赤ちゃんだった。

 母と、ベビーカーに乗せられて、連れ出された散歩の途中で、少年はあるものに目が釘付けとなった。

 ベビーカーから見上げたその先に、くるくると回る円盤があった。

 なぜ円盤があるのか、なぜくるくると回っているのか、しかし少年は0歳だったので、母親に尋ねようとしても、ただ「あー!」としか言えないのであった。


 円盤は回る。

 ただくるくると、その場で回り続けるのだ。


 うちに帰ってからも、少年はその円盤を忘れられなくて、夢にまでみた。

 どうしても気になって、この手に触りたい、とさえ思った。

 しかし少年にできることといえば、ただ「あー!」と言って泣くことだった。

 母親は不思議そうに、オムツを替えたりミルクをあげたりしてみるも、今の少年の気にめす方法は何もなかった。

 しばらくそんな日々が続き、母親の育児疲れを察してか、少年は次第に泣くことも減り、あの円盤のことは、徐々に頭の中から消えていった。


 しかし少年はまだ知らなかった。

 近い将来、自分があの円盤に乗ることになろうとは……。



 小学生になった少年は、下校途中に、急にトイレに行きたくなった。

 自分の家はまだ先だし、しばらく歩かなければいけないが、もうギリギリだ。

 そこで、少年はある店へ入った。

 そこは赤ん坊の頃から、よく母親と散歩中に通っていた古道具屋だ。

 きっとここなら、顔なじみのおじさんがいるし、トイレだって貸してくれる。


 少年は、店のおじさんに短い挨拶をすると、すぐにトイレを借りることができた。

 そして少年が「ありがとう」と言って、店から帰ろうとした時だった。


 少年は店へ入ってきたおばさんと、真正面からぶつかってしまった。

 そしてその弾みで、軽い体が、後ろへよろけた。

 次の瞬間、少年のお尻の下で、何かが壊れる音がした。

「おやまあ」

 とおじさんがやってきて、少年を助け起こしながら言った。

「大丈夫かね?」

「ぼくは大丈夫。でも、この機械に乗っちゃって、壊れちゃったかもしれない」

「いや、そんなところに置いていたおじさんが悪いんだよ。それはもう、かなり古くなったし、処分しようと思っていたところなんじゃ」

 少年はその機械を見て、一瞬記憶が蘇った。

 自分が赤ちゃんだった頃、この店先のショーウィンドウで、くるくる回っていたものだ。

 少年は聞いた。

「おじさん、これ、何ていうものなの?」

「おお、それか」

 おじさんは親切に教えてくれた。

「円盤が回りながら音を出す、レコードというものじゃよ」



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事
トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/43-4a1a183d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top