2017
12.04

教えてくれ

Category: 小説


ある日わたしは、通り行く人たちがわたしのことをじっと見ていることに気づいた。

それはまるで、何か得体の知れないものでも見るかのように、恐ろしそうに、脅えていた。

ふと視線が合うと、すぐに目を逸らすのだ。

子供たちはわたしを指さして驚き、笑い出す子もいた。

わたしは何だか不気味に思った。

わたしの顔に何かついているのだろうか、そう思い、不意に取り出した鏡を見てみたが、いつもと変わらない姿がそこにはあった。

どこへ行っても人々の寄せる視線。


わたしはついに耐えられなくなり、ぞっと青い顔でわたしを見るひとりの青年に尋ねた。

青年はびくびくしながらも、しっかりと私を見つめた。

「失礼だが、わたしの顔に何かついているか?」

しかし青年は、

「いや、僕の口からはとても言えません……」

と教えてはくれなかった。


一体どういうことなのだろうか。

わたしは不思議でならなかった。

何人か他の人に尋ねてみたが、皆同じ答えだった。

中にはわたしが近寄っただけで逃げていく人もいた。


誰か、教えてくれ。

わたしは気が狂いそうになった。



ついにわたしは、どうしても真相が知りたくなり、ビルの屋上へのぼった。

人々はざわめいた。

わたしは人々に向けて叫んだ。

「一体、わたしがどうしたというのだ!! 誰か教えてくれ!! でないとわたしはここから飛び降りるぞ!」

「やめろ! そんなことをしても、何にもならないぞ!」

人々は決して教えようとはしなかった。

とうとうわたしは飛び降りた。



死んでからというもの、生前の人々の様子がいまだ忘れられなかった。

わたしは「教えてくれ……教えてくれ……」と生きていた頃の自分に付きまとい、必死に答えをさがした。


「誰か……教えてくれ……」



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/34-6630dcd2
トラックバック
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
- dot 編集
この世界の人達は全員、霊能力者なんですね(笑)

確かに飛び降り自殺して亡くなった、
ぐちゃぐちゃの幽霊が見えたら、
たまらないでしょう。(笑)

全ての人々が霊能力者?
興味深い世界ですね。
motomasaong dot 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
- dot 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
- dot 編集
自分のことが信じられないとき
人に言葉を求めたくなる
そんなときは何も言ってもらえず
よけい不安になる

人のことが信じられないとき
人に言葉を伝えたくなる
そんなときは言い過ぎて
後悔する羽目になる

自分を信じ 人を信じていると
言葉はただシグナルのように飛び交う
感情を呼び起こすことなく
さらさらと流れる水のようにただ通り過ぎる

ほんとうの答えは自分の中にしかない
自分の求めている言葉を
聞かせてくれる人がいるとしたら
その人とは心が通じているということ

もし聞きたくもない言葉を
言ってくる人がいたら
その人とも心が通じているということ

自分では気づいていないけど
自分の中にある思いが
その人の口を通してあなたに届く

そんなときの言葉は
相手の意図が分からず
なぜ感情をかき立てられるのかも
よく分からない

ただそこにはあなたに気づいてほしい
思いがある
それに気づいてほしいと思っているのは
言った人ではなくあなた自身なのだけど

引っかかるものがあるなら
まだ何かしら闇があるということだから
光を当てて癒せばいい
言葉はどんどんあなたの中を通り抜けるようになる
そう ニュートリノのように

あなたに起こるすべての出来事は
あなたに何かを気づかせようとしている
ほんとうに大切なことは何か
ほんとうに大切な人は誰か
C33 dot 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top