2017
11.26

ランナー

Category: 小説


私は走ることが好きだ。

走り続けることで、生きていることを実感できる。

とりわけ、雨の日が好きだ。

体を潤おし、乾いた心に染み渡る。

だから私は、雨の日でも走る。



ある日、私は、友達と賭けをした。

私がよく走るので、一年のうちに、この世界を一周できるか、賭けようというのだ。

体力には自信があったので、私はこれから一年間、走って来て、必ず戻ると約束した。

友達は、もし私が勝ったら、豪華ディナーをごちそうしよう、と言ってくれた。

私が負けたら、豪華ディナーを友達に用意しなければいけない、と決まった。



友達は動くのが嫌いなタイプだったので、私は彼をスタートとし、ゴールと決めた。

彼も、この国にとどまり続け、私の帰りを待つと言った。

そこで私は、彼からスタート・ラインを切った。



まずは近所の見慣れた景色。

高い並木道が続いた。

以前、この木の葉をかじってみたことがある。

それは苦い味がして、私の舌には合わなかった。


続いて、足場の悪い砂利道に出た。

ここは初めて走る道だ。

小さな砂利に足を取られ、思うように前へ進めず、苦労した。


そのガタガタ道は、今度はツルツルのコンクリに変わった。

しかしとても固いので、私の足の裏が、ヒリヒリと痛み始めた。

コンクリは走る度に、足が擦れる感じだった。


けれどもしばらく進むうち、コンクリの地面は、見慣れないアスファルトへと変化した。

私はどうも、このアスファルトが好きになれず、今までも走ることをためらってきたのだという、私の弱点に気がついた。

だが今は、自分との戦い。

もう走り続けて一週間が経っていた。

私はこの一週間で、色々な道を乗り越えて来たのだ。

アスファルトだって、制覇できるに違いない。



しかしここで、突然、陽の光が増してきた。

もう喉もカラカラだ。

手足も、見るとカサカサだ。

この辺りで、しばらく休憩でもするか。

そう思って、近くに木陰を探してみた。

だが、見渡しても陰はない。

それどころか、車がフラつく私をはねそうになった。

ここは車道だ。

横断歩道も見えている。

私は道のわきに立ち止まり、大きなタイヤの車を見つめた。

あの車に乗れたら、どんなに速いだろう……。

良からぬ考えに、私は頭を悩まされた。


ふと、友の顔が脳裏をよぎった。

そうだ、友に、美味しいディナーをごちそうになるのだ。

私は気を引き締めるために、再び足を前へ進めた。

じりじりと焼けるような陽射し。

アスファルトから、燃えるような湯気が立ち上っていた。

しかしそれも、私の情熱にはかなうまい。



ついに、雨が降り始めた。

天の恵みの雨だった。

私は思い切りそのシャワーを浴びた。

キラキラと雫が垂れる。

横を見ると、これまた美しい花が咲いている。

なんという美しさだ!

生きているということは、美しいということなのだ。

私は、あまりに花が輝いて見えたので、その花の葉を、一つかじってみた。

お腹が減っていたということもあるのか、とても美味しい味がした。


元気を取り戻したとこで、私は再び走り出した。

しかしその日は私にとって、忘れられない日となった。



急に空から、恐ろしい鳴き声を上げ、大きな鳥が飛んで来たのだ。

しかも目をギラギラさせて、私目がけて襲い掛かった。

私はこんなに恐ろしい鳥は見たことも聞いたこともなかったので、心臓が飛び上がるほど驚いた。

ショックのあまり、躓いて倒れてしまったのだ。

そこは雨で、泥沼になっていた。

私は素早く足を動かし、泥道を進むが、鳥はいまだに、私を狙う。

だが、鋭いそのクチバシは、不器用なのか、私を上手に突き刺せない。

何度も空へ舞い上がっては、高い所から、私に向かって急降下してくる。

私はついに、ある決心をした。

それは、隠れることだ。


私は背中にしょっていた、簡易式避難用シェルターへと潜り込んだ。

これはとても丈夫で、ある程度の攻撃にも耐えることができる、とても便利なものだ。

私は世界一周をすることで、危険な国も避けては通れないと思っていたので、このシェルターを使う時が来るだろうとは予想していた。

だがまさか、それが鳥だとは……。


とにかく、じっとして、鳥があきらめて去るのを待った。

鳥は、シェルターに隠れた私を、見失ってしまったらしい。

あっけなく飛び立って行ってしまった。

初めは恐ろしかったが、いなくなってしまえば、何ということもない。

私はシェルターから這い出て、また自分自身との勝負を続けた。


もうすぐだ。

もうすぐ、一ヶ月。

私の胸は躍っていた。

約束の一年は、私の驚異的なスヒードで短縮化されようとしている。

もう目前に、友というゴールが近付いていた。



友の姿が見えた時、私は感動で胸がいっぱいになった。

友は、あのスタートした日と全く同じ場所で、私の帰りを待っていてくれたのだ。

友に、私の心が通じたのかも知れない。

友と私は、互いに見つめ合い、そしてお互い、感動していた。

友は約束のディナーを私におごろうと、私を案内してくれた。



ちょっと湿った木陰だった。

綺麗なアジサイが咲いている。

そうか、もう6月なのか。

私と友は、アジサイの葉を食べた。

これでもかというほど、腹いっぱい詰めた。

満腹している私たちの頭上に、何か大きな影がかかった。

その影は二つあり、影同士にしか分からない言葉で、こんなことを言っていた。

「なるほど。彼らの生態がよく分かりました。この一ヵ月半、観察していましたが、彼らの一方は、一ヵ月半かけて、この公園の周囲を這い続け、途中、葉っぱを食べながら、戻って来ましたね」

「そうだな。公園の花に、水をやっているお爺さんに、ジョウロで水をかけられたり、鳥に襲われた時、ちゃんとカラに入ったりして、やり過ごしていたな」

「やけに歩くスピードがトロいので、見ていて眠くなりましたよ」

「しかしなぜ、一ヵ月半で公園の周囲を一周したのか、理由がよく分からないな……」

「そうですね。これからも観察をし続けましょう、博士。博士のカタツムリ観察記録を、完成させましょう」

「ああ。キミ、今後も助手を頼んだぞ」

「はい! もちろんですとも!」



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


コメント:1  Trackback:0
トラックバックURL
http://riemiblog.blog.fc2.com/tb.php/26-96d5f490
トラックバック
コメント

いい。
- dot 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top