2018
04.24

稲妻トリップ 13 音

Category: 小説


荒れ狂う海は、世界を水没させてしまいそうだ。

高い空で、波が弾ける。冷たい飛沫が雨のよう。

風がうるさい。頭の中が、風の音でいっぱいになる……。

私は、通い慣れたような足取りで、浜を横切り、工場の中に入って行った。

ここも、機械の音が耳に響く。ただ何も考えられずに、私は私の足が動かす場所へと、進んで行った。

先端がキラキラと光っていた、複雑な作りの装置の前を、見向きもせずに素通りし、奥の部屋へとやってきた。

後ろ手にドアを閉めると、外の騒音は少しだけ和らいだ。

時計の音がする。

壁一面の時計たち。秒針のリズムは、どれも違う。揺れる振り子時計、時々鳴く鳩時計、回る歯車。

「……誰だ!」

男の人の声がした。窓際の机に向かって、椅子に座っていた白衣の男性が、私を見上げた。

「きみはいったい……」

「……秋吉博士」

私は博士に近寄って、言った。

「今日は、いつ、ですか?」

博士が教えてくれた日付で、ここが十年前の、あの嵐の日だと分かった。

博士は立ち上がって、さらにこちらに近づいた。私の片手を恐る恐る触り、温かい両手で包んだ。

「では、完成したんだな、マシンは……きみは私の」

「逃げてください」

私ははっきりとした強い声で告げた。

「もうじき、ある事件が起きるの。今日ここには、あなたを監禁している、あの人たちは来ていない。今すぐ逃げて」

「未来からの警告か?」

手を離して、博士は聞いた。それから机の上に置いていた、私によく似た女性の写真を取り上げた。

「私のことより、彼女を助けてくれないか。娘が生まれてからすぐ、病気で亡くなってしまったんだ。どうか……」

「マシンは、捨ててください!」

話をさえぎった私に、彼は驚いた目をして、一歩、静かに後ずさった。

「時空にひずみが生じたのか……? 人類抹殺計画に、反対派の力が、作用したのか……?」

言いながら、壁の時計を見まわした。あせっているらしく、手が震え、写真は床に落ちてしまった。

「博士、時間がないんです。マシンは完成しなかったわ。私が、その稲妻を浴びてしまったから、きっと壊してしまったのよ。だって、そうでしょ。あの人たちはあの後、もうここには来なくなったもの。工場は必要なくなり、売りに出され、あとには灯台が建てられるのよ」

私は早口でまくし立てた。それとは反対に、博士は急に冷静になって、私のことを真顔で見つめた。

「きみが、稲妻を浴びたって?」

「はい。それで、トリップしてしまうようになったんです。こんな体に……」

私は一瞬、相手の目から、目をそらした。彼はそれを見逃さなかった。私に、低い声のトーンで囁く。

「今、壊せば、きみはもう、トリップしないのではないか? きみは変われるだろう。そして、きみを取り巻く周囲の人間や、環境も。変えることができるんだ」

声が出なかった。ずっとそうしたいと、心の中で思っていた。電気を浴びるたびにトリップするのは、精神的に、疲れてしまうことだから……。

それなのに、今、自分の中に芽生え始めた、純粋な気持ちに、私は嘘はつきたくないと、素直に思った。

「私は、」

振り絞るように、声を発した。

「今の私を変えたいんじゃないの。この私だから付き添ってくれた人や、出会えた人と、もう別れるなんてことはできない。私は、今の自分と生きていくの。これからも……」

「きみの言う通りにしよう」

何かを悟ったのか、博士は私に、ゆっくりと頷いてくれた。

「今から私は、この場所から、娘を残して、一人で逃げよう。……本当に、それでいいんだね、アキちゃん」

「うん」と頷くと、目から零れた涙が、ひとしずく、音もなく床に落ちた。

さようなら……、と言って出ていく博士を、私は揺らぐ視界で見送った。

ありがとう。分かってくれて、ありがとう……。

私は涙を手でぬぐうと、部屋を出て、大きな装置の前へ来た。

もうすぐ、あの子が来る……隠れなきゃ。

急いで装置から離れ、工場のすみで身を縮めた。

すぐに、女の子がやってきた。装置の前で立ち止まり、放たれていたキラキラに向かって、そっと小さな両手を伸ばす。

次の瞬間、キラキラの光が、その何千倍にも光量を増し、大きな雷となって、少女の体を包み込んだ。

私は思わず、顔を背けた。自分の両手を、ぎゅっときつく握りしめた。

光が弱まると、私は立ち上がって、工場から、また時計の部屋へと駆け戻った。

机の上にあった、電話の受話器を持ち上げ、場所だけを告げて救急車を呼んだ。

それから、警察署にも電話した。警察官は、至急、パトロール中の警官を、こちらに向かわせると言ってくれた。

部屋中にある時計が、カチカチとうるさい。

胸の中で、脈打つ心臓が、同じボリュームを上げている。

ただ、どの時計かは分からなかったけど……一つのアラームの音だけが、その時の私の耳に、まっすぐ通って聞こえていた。



● NEXT → 稲妻トリップ 14 明日






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


コメント:0  Trackback:0
back-to-top