2017
12.04

教えてくれ

Category: 小説


ある日わたしは、通り行く人たちがわたしのことをじっと見ていることに気づいた。

それはまるで、何か得体の知れないものでも見るかのように、恐ろしそうに、脅えていた。

ふと視線が合うと、すぐに目を逸らすのだ。

子供たちはわたしを指さして驚き、笑い出す子もいた。

わたしは何だか不気味に思った。

わたしの顔に何かついているのだろうか、そう思い、不意に取り出した鏡を見てみたが、いつもと変わらない姿がそこにはあった。

どこへ行っても人々の寄せる視線。


わたしはついに耐えられなくなり、ぞっと青い顔でわたしを見るひとりの青年に尋ねた。

青年はびくびくしながらも、しっかりと私を見つめた。

「失礼だが、わたしの顔に何かついているか?」

しかし青年は、

「いや、僕の口からはとても言えません……」

と教えてはくれなかった。


一体どういうことなのだろうか。

わたしは不思議でならなかった。

何人か他の人に尋ねてみたが、皆同じ答えだった。

中にはわたしが近寄っただけで逃げていく人もいた。


誰か、教えてくれ。

わたしは気が狂いそうになった。



ついにわたしは、どうしても真相が知りたくなり、ビルの屋上へのぼった。

人々はざわめいた。

わたしは人々に向けて叫んだ。

「一体、わたしがどうしたというのだ!! 誰か教えてくれ!! でないとわたしはここから飛び降りるぞ!」

「やめろ! そんなことをしても、何にもならないぞ!」

人々は決して教えようとはしなかった。

とうとうわたしは飛び降りた。



死んでからというもの、生前の人々の様子がいまだ忘れられなかった。

わたしは「教えてくれ……教えてくれ……」と生きていた頃の自分に付きまとい、必死に答えをさがした。


「誰か……教えてくれ……」



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


コメント:4  Trackback:0
back-to-top