2017
11.17

予言者

Category: 小説


 その国は昔から、幾度の争いにも勝利し、長らく繁栄を保ってきた。

 国王の裏には、偉大な力を持つとされる予言者が一人いて、どうすれば他の国に負けず、大国を維持できるか、国王に指示しているという。


 国王は自分では何もせず、すべてはその予言者の指示にかかっている。

 そうと知った他国の軍が、予言者をさらってしまおうと考えた。

 しかし、考えただけで、その意思は予言者の脳裏に行き届いてしまう。

 これにより、予言者はガードを固くして、襲ってくる軍隊の手を逃れられるのだった。


 予言者は、予言を王に与える代わりに、大量の報酬をもらう。その予言の能力ははずれたことがなく、王は最も信頼できる相手として、どんな悩みも打ち明けてきた。



 ある日、予言者が、王が尋ねもしないのに言ってきた。

「王様、この世の終わりが見えました。三日後です。王様がどんな手を使っても、国は世界とともに滅びます」

「まさか!」

 王は、予言者の予言はすべて真実と知っていたので、ひどく驚いた。予言者は、

「私も、とても残念で仕方ありません。しかし、世界が終わるのであれば、やむを得ないのです」

 と言った。

 三日後に、いったいどんなことが起きるのだろう……と王と予言者は考えた。が、予言者にも分からない。予言する世界が、そこにはないから見えないのだ、と、予言者は静かに言っていた。

 そして、なすすべもなく、三日が過ぎた。

 予言者が、心臓発作で亡くなった。

 予言者の力を失った国は、すぐに他国に侵略されて、滅びてしまった。

 確かに、国は滅びたし、死んだ予言者にとっては、世界はそれで終わりだった。

 たとえ、未来が見えていたとしても、自分のいない世界など、予言してもしょうがないじゃないか。



◆ E N D






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top