2017
12.31

ソレイユの森 9 「傍観者」

Category: 小説


警官たちの黒い帽子が、夕日に艶やかに照らされている。

西日の赤い光の中で、主人のいなくなった家の中や周辺を、
彼らはアリのように行ったり来たり、せわしく動き回っていた。

ソレイユは暖炉の部屋の窓際に、椅子を横向きに付けて座っていた。

この位置なら、午後からの長い陽を浴び、十分に充電することができる。

以前の失敗を活かす、自身の学習機能の結果だった。

警官たちは、ラボや温室から草花を採取したり、暖炉の燃え殻を調べたり、
色々な場所から指紋を採ったりして、それぞれの業務を迅速にこなしていた。

誰も、ソレイユに語りかける者はいなかった。

ソレイユは微動だにせず、瞬きさえしない。

ここの主人は、変わった趣味をしていたようですね、と警官たちは言い合った。

等身大のフィギュアか、キレイな顔立ちだ。いいスーツを着ているな。

そして床を土で汚している靴跡や、机の引き出しに残っていた、
レポート用紙の間から発見された、一枚の名刺によって、
最初の通報者である丸本が、事件に関わっている容疑者の一人だろうと、推測された。

丸本の携帯は繋がらなかった。名刺にあった会社に連絡してみると、

「営業先については、本人に任せてあるので、こちらは知らない、関係ない」

と冷たい返事が返ってきた。

「あいつが何かのプロジェクトに参加していたか?
 そんな新商品の企画はない。もしあったとしても、まだ試作段階の状態では、
 たとえ警察さんにでも、それは企業秘密でしょう……」

会社側は、悪いイメージを付けた丸本のことを、あっさりと切り捨てた。

周一の残したレポート用紙の内容は、乱雑な文字や記号だらけで、
いったい何を書いているのか、解読するのが難しかった。

かろうじて読めた、医学用語や、ある言葉……
それは「アンチエイジング」や、「不死身」、「不老不死のための薬」などだったが、
おそらく全ては、空想の産物だろう、と解釈された。

そんな薬は、天才発明家でもないかぎり、生み出されない代物だ、と思われた。

「あの子は、普通の教師でした」と、現場に花を手向けに来た家族が言った。

長らく疎遠にしていたからか、この家のことさえ知らなかった。

家は継手がいないので、売りに出されることが決定した。

「家具や調度品はどうされますか」と、不動産屋が聞いてきたので、家族は言った。

「備え付けの家具として、まとめて次の方に使ってもらって結構です」と。

「事故物件のような、いわくつきの邸宅となりますので、たぶん……
 なかなか住み手が見つからんでしょうな……」と、不動産屋は呟いた。

ソレイユはずっと椅子に座ったまま、自分の目の前で繰り広げられてゆく、
これらの話の内容を、ただの傍観者として、見聞きしていた。

シューはもうこの世にはいない。

そう解かっても、隠された秘密を守ることを、放棄しようとはしなかった。

体の中にあるメモリにデータがインプットされ、情報が新しいものへと書き直される。

夜が来て朝が来る。

ソレイユ以外、他に誰も用事のなくなってしまった家の中は、
物音一つしなくなり、空気の流れも止まったかのように、しんと静まり返っていた。



● NEXT → ソレイユの森 10 「蜘蛛の巣」






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


コメント:0  Trackback:0
back-to-top