2017
12.28

ソレイユの森 6 「目覚め」

Category: 小説


ここのところ降り続いた雨が、冷えて雪に変わった。

降り積もる音は静寂だったが、気配で分かった。

家は白い幕に包まれ、空気が冷蔵庫のように、部屋中を低い温度で漂った。

大きな暖炉の前に、あぐらをかいて座り込み、資料をめくっていた周一の耳に、
遠くの方で、ゴトン、という何かが倒れる音がした。

スリッパをはいた足音を響かせて廊下を曲がり、音の正体を探す。

中庭の温室で、水遣りを任せていたソレイユが、床に突っ伏していた。

駆け寄って上半身を抱き起こし、ガラスの壁に持たせかける。

周一は上を見た。粉雪におおわれて、天井が白い。日光も届かないはずだった。

もう一週間、充電していない。電池切れで、停止したのか……。

周一はソレイユの顔を覗き込んだ。

光を求めるように、大きくまぶたが開いていた。

こうして動かなくなると、ただのマネキンに戻ってしまったみたいだな……。

周一は、丸本が来るのを待っていた。報告したいことが沢山ある。

昨日のことにも、驚かされた。それは日付が変わった瞬間だった。

急にソレイユが歌を歌い出し、周一にこう言った。「ハッピーバースデー! シュー!」

確かにその日は周一の誕生日だった。が、普通の人なら、真夜中には寝ているだろう。

周一はラボで作業の手を止め、「改良点だな」と、微笑みながら呟いた。



ソレイユのことを気にしながらも、周一はラボで作業を続けた。

何日目かのある日、椅子に座ったまま眠っていた周一は、
窓からの弱い朝日に目を覚まして、机の上にある、自分の資料に目を向けた。

強い筆圧で「抗老化薬」と、何度も書きなぐっている。

眠い意識のまま、資料を引き寄せて目を通す。

薬の製造過程が事細かに記されていた。

自分の字なのに、その時の記憶が曖昧なのは、無我夢中で書いていたせいでもあるだろう。

「あぁ……」

周一の口から、安堵の息が漏れた。

「ついに……」

そして急いで立ち上がり、食事も取らずに温室に向かう。足は裸足だった。

温室とラボを交互に何往復も駆け回った。

葉や花や実を、プランターから乱雑に摘み取り、ラボに戻って実験道具の上にかける。

つぶす、焼く、煮出す、混ぜる、抽出する……作り方は全て頭に暗記されていた。

温室のすみで、ソレイユは周一の走る振動に揺れた。

力なく倒れ、大の字に寝そべったソレイユの、その開かれたままの瞳の中に、
わずかな光が差し込んだ。温室の天井から、雪が溶かされ、滑り落ちたのだ。

一時間後に、充電されたソレイユは、自分の力で再起動した。

立ち上がって、状況を把握する。そして、瞬時にデータに記録する。

慌ただしい周一を視野にとらえると、「おはようございます」と声を発した。

いつもならよく通るその声も、集中している今の周一の耳には、届かなかった。



● NEXT → ソレイユの森 7 「約束」






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事


ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


コメント:0  Trackback:0
back-to-top