2017
12.20

月のライン 7-5

Category: 小説


 校舎の裏に回ると、町長は高鳴る胸を押えながら、辺りの様子をうかがった。

 小さな畑のある場所に、いくつもの白い光が浮かんでいる。

 月のライン。

 夜に光る、花びらのライン。

 町長は静かに歩み寄ると、花々の間で横たわる人影に、目が行った。

 左手に、今、摘んだばかりの花を。右手は人差し指を立て、空を指している。

 影はその指で何度も、何度も、何かを切るような仕草を見せる。

 町長はその病状に、思い当たることがあった。

 ラインを切っているのだ、と確信した。

 町長は近寄ってその身を起こさせ、腕に強く抱きしめた。

 ロイ、もういい。どうか許してくれ。

 町長の口から、声にならない嗚咽がこぼれた。



● NEXT → 月のライン 8-1






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top