2018
04.17

稲妻トリップ 6 今日のこと

Category: 小説


 現場監督の一撃は強烈だった。

 俺は切れた左頬から、血を流れるままにさせ、交差点を横切った。

 人々の白い目をかわし、歩いて繁華街までやってきた。

 心がざわついている今、一人になってしまった途端、バイクでは暴走してしまうだろうと、思ったからだ。

 俺だけなら、どんなことになってもいい。

 だが彼女には、あいつにだけは、絶対に迷惑をかけたくはない。

 不意に俺は、電気屋の前で足を止めた。

 売り物の液晶画面から、臨時ニュースが飛び込んできた。

 各地にわたって秘密結社を結成していた、謎の宗教団体の一団が、先ほど、警察官らに一斉に逮捕された、という内容だった。

 俺は思わず空を見た。

 ビルとビルの間に見える、細くて高い空の中を、一台のヘリコプターが横切って行った。

「秋吉博士……」

 回りにも聞こえないような小声で、俺は言った。

「もう終わりましたよ。早く帰ってきてください。あなたのために貯めた金が、使い道を欲しています」

 停めたバイクのある方面へ、俺はスキップをするような軽快さで、駆けていた。

 頬の血は風に乾き、汚れたシャツははためいた。



 高架下の波を見ながら、ただただ、長い時間を俺は潰した。

 彼女の姿が見えたのは、もう夜の十二時を回ろうとしていた時だった。

 遠くから、彼女の姿が見えてくる。暗くても、そうと分かったのは、見慣れた肩のラインだったからだ。

 あれ……なかなかこっちに来ないな、と思えば、彼女が橋の真横に、ずっと立ち止まっていることに、俺は気づいた。

 彼女のほうは気がついていない。俺はしばらくそれを見ていた。彼女の目線は眼下の海へ注がれている。

 何台かの車が通り過ぎた。青い車が低速で彼女の横を走行したが、彼女もチラリと見ただけだった。

 そのうち、何かのアラームの音が、向かい風に乗って聞こえた。

 彼女が腕時計を触る、音が消える。

 ハイヒールの硬い音が近づいてきて、目の前で止まった。

「リュウ……。いつからいたの?」

 彼女が街灯の下で柔らかい笑みを見せる。

「ずっといたよ。最近、ちゃんと話す時間もなかったから、迎えにきたぜ。仕事は、今日、辞めてきた。でもまたすぐに見つけるよ。当てがあるんだ」

 俺はバイクを押して、彼女の歩く速度に合わせて歩きながら、静かに話した。

「そっちの労働時間、長すぎないか?」

「マネージャーに無理言って、内緒にしてもらっているの。家賃が高すぎるのよ」

「海から離れたくない、って、アキが言うからだろ。今のアパート、橋のすぐ側だから、まだ安いほうだぜ」

「本当はまた、海沿いで暮らしたいの、パパと一緒に」

「うん、知ってる」

「でも、見つからなくて……」

「それも、知ってる」

 俺は何度も頷いて見せた。いい家も、秋吉博士も、見つからない。そしてこの話は、いつもそこで終わる。

 アラームのことを聞けば、アキは照れたように笑った。

 一日の終わりに、海を見て気持ちをリセットさせている、と教えてくれた。

 でもずっと見ていると、時間を忘れてしまうから、タイマーをセットしているのだ、と。

 俺は無性に胸の奥が熱くなった。

 足が痛い、と言うアキをバイクに座らせ、それを歩いて押しながら、俺は言いたい気持ちを心の中で呟いた。

 好きだよ。ずっと好きだよ。でも、友達でいよう。

 悲しい子供のままでいることで、俺たちはずっと一緒にいることができるんだ。

 彼女がどう思っていても。

「リュウ、またケンカしたの……」

 そう言って笑う彼女の顔は、今日あった嫌なことなど、すっかりと忘れさせてくれる力があるんだ。



● NEXT → 稲妻トリップ 7 十年前






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top