2018
04.13

稲妻トリップ 2 アオムラ

Category: 小説


 僕は消えた社員の身代わりだ。

 このデパートは隣町に建っているが、小さな頃から、ほとんど足を運ぶことはなかった。

 その方面はすぐ先に海しかなかったから、大して用がなかった、としか言えない。

 地元には大型ショッピングモールもあったし、それですべて、事足りていたせいだろう。

 僕がそいつの後任に選ばれたのは、なぜだろうか、今でもはっきりとは分かっていない。

 ただ、誰でもよかった、ということは確かなことだ。

 長年勤めている警備会社で、そいつのことを聞かされた。

 窃盗犯にナイフで刺された。

 言葉にすればサラッとしている。

 ……人が一人消えることは、簡単なことか……。

 警備員として、また一人、同じような男を、会社はデパートへと補充する。

「アオムラ! 聞こえただろう! もうお前でいい。お前に行けと言ったんだ」

 いかつい上司のでかい声を、僕は腹の内で押し潰した。

「はい。分かりました」

 青村とは、誰のことだ?

 頭の中に、声がする。

 あっけなく死へと向かう、そんな哀れな前任者。そしてその後釜に、あてがわれた青村とは。

 ……なんだ、それはつまり、僕であり、それが僕の人生さ。



 深夜に愛車を転がすのは、趣味の一つと言えるだろうか。

 こんな時間、あてもなく、よくドライブをする。

 煌々と放たれるビルディングの明かりや、蛍光色の電光板が、青の車体に反射する。

 助手席に素敵な人が乗っていたら、とも思うけど。

 この口数の少なさは生まれつきで、彼女がいた頃は、言葉が足りないことで、よくケンカになったりもした。

 ケンカ、といっても、一方的に僕は言い負かされっぱなしだった。

 決して女性には手を上げない、というポリシーがあった僕には、手も口も出ず、対処の仕方が分からなかった。

 結果、別れる、というより、捨てられる、といったほうが正しい。

 僕に飽き、僕も飽きた。

 そうなってしまえば、もはや悲しみなんていう感情はない。

 火の消えた煙草を、ただゴミ箱に入れるだけ。



 少し都会から離れたくて、南へと向かった。

 そびえ立つ、コンクリの人工物が減り、深い群青の空が姿を見せた。

 車内に充満する煙草の香りを、窓を下げて風に流した。

 喧騒から離れた空へ、煙っぽい排気ガスのような空気を、自分の口が出しているのか。

 キレイなものを汚す、後ろめたい気持ちになって、手にしていた箱を助手席に投げた。

 窓を上げて、誰もいない横断歩道で信号を待つ。

 前方に大きな橋が見えていた。均等に組まれたそれは、街灯の明かりを身にまとって、彼方へと伸びている。

 青いランプが点灯し、僕はアクセルに足をかける。

 これより先は、明日からの勤務先。デパートが一店と、その先は海。

 小さな島のようになった陸地へ続く、その橋の中ごろに、一人の人影を見た。

 緩い速度で眺めると、その人が橋のへりに、覆いかぶさるような体制でいるのに気がついた。

 車線の向こう側だ。

 僕は何を思ったか、静かに車をそこに停め、駆け足で中央分離帯を飛び越えた。

「バカなマネはよせ」

 僕はその細い手首を掴んで、自殺を阻止した。

 人は簡単に死ぬことができる。だからといって、自ら進んで行くことはないだろう……。

 再び乗り込んだ車の中で、僕は僕のことを考えていた。

 おい、お前に人の死を止める権利なんてあったのか?

 わんさかといる、いつかは駆除され、ゴミ箱行きの運命が待つ、虫けらのような存在でしかないお前。

 教えてくれよ。お前はいったい、誰なんだ?

「アオムラ! 聞こえただろう!」

 頭のどこかで、きつい上司の声がした。



● NEXT → 稲妻トリップ 3 りゅうの






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top