2017
12.20

月のライン 7-3

Category: 小説


 すぐ目の前に駆けつけた、メルの問いかけるような視線を受けて、ロイは小さな声で答えた。

「メルがなぜここにいるのか、俺には分からないが、今ここでメールボーイに会えたことは、俺にとって好都合だ。聞きたいことがあるんだろう? そこに座ってくれ」

 メルはロイと一緒に、近くのベンチに腰掛けた。

 街灯の明かりが、2人の上から降り注ぐ。

「リカも心配してるんだ。お前のことが好きだからだよ」

 メルがロイに訴えた。

「僕が知らなかったとでも思っているのか? もう何年一緒にいるんだよ。小学校の時からの友達だろ。悩みがあるなら、打ち明けてくれ。言えないのなら、手紙でもいい。僕に、届けさせてくれ」

 するとロイは、コートの内ポケットから、一通の封筒を取り出した。

 少しほっとしたメルに向かって、ロイは差し出す。

「同じことをしても、効果がないのは分かってる。だけど俺には、こうするしか他にない。自分で渡そうと思ったが、メル。この手紙を、町長の元に届けてくれ」

「町長に……?」

 メルは手紙を受け取った。

「仲直りの手紙なら、喜んで配達するさ」

 その言葉に、ロイは悲しそうに笑った。

「そうじゃない。俺は父親の愛を確かめようとしているんだ。メル、不思議に思ったことはないか? なぜ、俺たちは同じ小学校に通っていたんだろう。お前は本土で生まれたから、当然、地元の学校に通う。だが俺は、毎日、島からそこへ通った。どうして。島に小学校があるにもかかわらず、だ」

 ロイが急に饒舌に語り出したのを、メルは驚きながらも聞いていた。

 ロイは言った。町長が小学校の裏の畑で、幻想花の栽培をさせていたこと。

 本土のマフィアに横流しするかわりに、金銭を受け取る。

 その汚い金で、この島は成り立っている。

 アクアアルタから町を守るため、防水壁を建てるためだとしても、ロイは黒いものが許せない。

 父を認めない。

「警察に……」

 と、立ち上がったメルの袖を掴んで、ロイはまた座らせた。

「警察に通報するのはやめてくれ。この島がメディアにふれると、観光客も減る。島民はやっていけなくなるだろう。それだけは何としても避けなければ」

 深刻な顔をしてロイが言う。メルはもう、何も言葉が出なかった。

「封筒の中に、幻想花の花びらを入れておいた。俺が本土で、夜中に買い取ったものだ。親父の言っていた通り、本当に密売していたんだ。前にも同じのを送ったが、今こうして、俺の捜索願いが出ていないとこを見ると、親父の俺を思う気持ちは、もうなくなってしまったのかもしれない」

 ロイは悔しそうに俯いて、両手で自分の頭を抱えた。

「それでもまだ、俺は信じることを捨てきれないんだ。自分の息子を、幻想花の側で育てたくなかった父の、その時の想いを、呼び戻したい。手を引いてくれることを信じてるんだ。自分の息子が、幻想花の被害者になることに、耐えられる親がいるだろうか?」

 ロイはかぶりを振って立ち上がった。

「見ろよメル。この町の幻想を。美しい町並み。きらびやかな光。維持しているのは、犯罪者だ。俺たちは知らずに、ただ表面だけの幻を見ていたんだ」

 そして、ロイはポツリと言った。

「変えられないなら、海に沈んだほうがよっぽどマシだ」



● NEXT → 月のライン 7-4






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top