2017
12.16

月のライン 3-1

Category: 小説


 モンフルールの広いロビーで、キトはひとり待っていた。

 深夜12時で誰もいない。

 古めかしい柱時計の音だけが、耳に、心に響いてる。

 最終チェックインの時刻も締め切られ、もう観光客は入ってこられない。

 泊まりの客は寝ているだろう。昼間歩いた町を、夢に見ながら。

 キトはどうしても眠れなかった。

 分厚いガウンの前を合わせて、壁際の長いソファに座ったり、立ったり、位置をかえて座ったり……を繰り返していた。

 いつもなら側にいるはずのラジが、側にいないということが、キトには空虚なほどにに思えた。

 大きな男に付きまとわれるのに慣れていたほうが、おかしかったのにな……。

 キトは静かに目を閉じた。

 数時間前、ラウンジでラジと話したことを振り返ってみる。

 ラジはあまり自分から話したがるほうじゃないのに、その時、キトに聞いてきた。

「お坊ちゃんは、このホテルを継ぎたいと、もうお祖母様には言ったのですか?」

 ホテルの総取締りは、キトの祖母の、マリだった。

 マリの娘は、キトを残して、キトの知らない男と2人、どこかへ行ってしまっていた。

 キトはマリに育てられ、ホテルを手伝い、そのかたわらで、地元の小学校にも通い、家業と勉強を両立していた。

 ラウンジで、キトは話した。

 小学校はあっても、島には中学校がない。

 船で毎日本土に通うよりも、僕はお祖母様の力になりたい。

 自分を育ててくれたこのホテルを、僕は守っていきたいんだ。

 ラジは自分の眼鏡を外し、少し遠くを見つめるような目をして、「ご立派ですね」と囁いた。

「いずれモンフルールはキト様のものになるでしょう。あなたはホテルを離れない。しかし週末になると決まって同じ時間、深夜にどこかしら出向いてゆくマリお祖母様の、その行動をも、引き継ぐことにするのですか」

 キトが就寝のため、ホテルの一角にある自室に入っているあいだ、ラジには自由行動が与えられていた。

 キトは、その時間帯にラジも眠りについていると思っていた。

 けれども、もう何週間も、ラジはマリを見張っていたのだ。

 身内の不審な行動を、自分よりも、赤の他人が知っていた。

 キトはラジに指令を出した。

「週末出て行くのなら、今日だ。つけて、教えてくれ。僕には知る権利がある」

 柱時計が1時の鐘を打ち鳴らした。

 大きな入口ドアがあき、外の冷気と一緒に、ひとりの男が入ってきた。

 夜の闇に紛れるような、黒いスーツを着た男。

 細いけれど、しっかりとした、長身の男。

 ラジだった。

 ロビーに灯るランプの光を、眼鏡のふちに滑らせる。



● NEXT → 月のライン 3-2






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top