2017
12.18

月のライン 5-3

Category: 小説


 宇宙空間にキリトリ線が現れた。

 ミシンで縫ったような点線だ。周りをぐるりと取り囲む。

 無重力の波を泳いで、ゴールテープのように切る。

 点線の向こう側へ落ちてゆく。

 頭のほうから、落下する。

 向こう側が広がって、宇宙の闇が裏返しになる。

 そうして体はゲートを抜けた。

 明るい光が上空から差す。

 失速した体は、足もとから地面に降りる。

 そのまま根が生えて花になる。

 パステルカラーの花々が、自分の周りから地平線の彼方まで、風に揺れながら生えてゆく。

 波紋のように地面が揺れる。

 どこかから、風に乗って歌が聞こえる。

 複雑な音程をハミングしながら、すぐ目の前を駆け抜ける――。



● NEXT → 月のライン 5-4






このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly


にほんブログ村 小説ブログへ
関連記事

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン


back-to-top